埼玉新聞社 高校受験ナビ

埼玉県公立高校入試 令和4年度募集人員を発表

 埼玉県教育委員会から令和4年度公立入試の募集人員が発表されました。

 今年度は中学校卒業予定者数が増加に転じるため、伊奈学園・越ヶ谷など18校が募集増となります。

 令和4年3月卒業予定者は6万2797人で、前年より1614人増加する見込みです。

 これに伴い公立高校募集人員を680人増加し、3万7120人とするものです。

 

 増減の対象となったのは19校で、そのうち18校が各40人増で、募集減となるのは羽生実業ビジネス会計科(40人→0人 募集停止)のみです。

 

◆増減のあった学校

▽40人増 

 上尾鷹の台 200 → 240

 朝霞    320 → 360

 朝霞西   320 → 360

 伊奈学園  760 → 800

 浦和北   320 → 360

 大宮東・普 240 → 280

 桶川    280 → 320

 春日部女子・普 240 → 280

 川口    320 → 360

 川越総合  200 → 240

 川越西   320 → 360

 熊谷西・普 240 → 280

 越ケ谷   320 → 360

 志木    240 → 280

 庄和    160 → 200

 草加南   240 → 280

 所沢西   320 → 360

 富士見   200 → 240

▽40人減

 羽生実業・ビジネス会計 40 → 0 募集停止

 

 なお、不動岡は(普通320+外国語40)から(普通360)に変更となりますが、学校全体としての増減はありません。

 

 増加となった18校のうち、上尾鷹の台・伊奈学園・桶川・春日部女子(普)・熊谷西(普)・志木・庄和・川越総合の8校は、前年の40人減を元に戻した形となっています。

 

令和4年度埼玉県公立高等学校第1学年、県立高等学校専攻科第1学年及び県立中学校第1学年 生徒募集人員並びに中等教育学校後期課程第4学年定員は→こちら

 

(教育ジャーナリスト 梅野弘之)

 

 全日制の募集人数の増加は5年ぶりで、県立学校人事課は「県南部地域の人口増加と、北部の昨年度までの一時的な減少を元に戻すため、全県的に学級数を増やした」と説明した。

 22年度の県公立入試の学力検査は来年2月24日で、一部の学校は面接や実技を同月25日に行う。合格発表は3月4日。

 

=埼玉新聞2021年6月30日付け1面掲載=

関連記事

令和4年度公立入試出題範囲は縮小せず

埼玉県教育委員会が入試選抜要項・入試選抜要領を発表

 

カテゴリー

よく読まれている記事

最新の記事

TOP