埼玉新聞社 高校受験ナビ

文武両道目指す男子生徒のエネルギーを支える県立川越高校の学食

男子生徒の胃袋を考えた高カロリーメニュー揃う

 各校、弁当持参や生徒数減少に伴い学食を廃止する傾向にある中、文武において輝かしい実績を残す県立川越高校では、今も学食人気は高く、勉強や運動にエネルギーを大量消費する男子生徒の胃袋を考えた高カロリーのメニューが出そろう。

 

 売り切れ必至の人気メニュー、サガライス(上)とミラノライス

 

 中でも月に1回、週ごとに登場する「〇〇ライス」は、早々に予約で完売となり、昼休みに行っても購入できない人気ぶり。昨年までは長崎名物をモチーフに20年前に登場した「トルコライス」、福井の「ボルガライス」、富山の「ハントンライス」、そして川越高校学食のオリジナルメニューの「ミラノライス」が川高4大ライスと呼ばれてきた。

 「ミラノライス」は学食で作ったオリジナルミートソースの活用方法を考えて作られたメニューで、ガーリックピラフと塩だれチキン、パスタをワンプレートで盛り付け。色合いや雰囲気から「ミラノライス」と命名された。

 そして昨年度末から登場した新メニュー「サガライス」は、いまやハントンライスの座を奪い、ここ最近は川高4大ライスとして定着。炒飯を卵焼きで包んだオム炒飯に麻婆豆腐をかけ、揚げ餃子をトッピング。佐賀県とは縁もゆかりもないという。

 どのメニューも男子生徒が好きな肉をメインにボリューム重視となっているが、添えられる野菜については加工野菜を一切使わず、青果店より仕入れた野菜を使用。

 川越で有名なパン屋が校内で販売する総菜パンの中では、ボリュームたっぷりの「バーガー類」が人気で、日により組み合わせが変わる「フルーツサンド」も、午前中の授業でフル回転した頭脳を癒す甘く優しい味となっている。

 同校の佐賀教頭は「昼休みになると多くの生徒が学食でとても静かに食事をしています。学食、パンとも美味しく生徒には大変人気がありますので、川越高校に入学した際はぜひ利用してほしいですね」と話している。

 

=「埼玉新聞社 高校受験ナビ」オリジナル記事=

カテゴリー

よく読まれている記事

最新の記事

TOP