埼玉新聞社 高校受験ナビ

春季県高校野球 浦和学院が接戦制し栄冠

浦和学院が花咲徳栄下し3年ぶり16度目の頂点

 4日、県営大宮で決勝を行い、ノーシードの浦和学院が4―3でCシードの花咲徳栄を下し、3年ぶり16度目の頂点に立った。

 浦和学院は二回1死二塁から藤井の適時二塁打で先制すると、四回には1死一、二塁で金田が2点二塁打を放ち追加点。3―2の六回は2死一、三塁から松嶋の一ゴロが敵失を誘って決勝点を挙げた。投げては左腕宮城と右腕三奈木の継投で、花咲徳栄の反撃を3点に抑えた。

 浦和学院と花咲徳栄は関東大会(15~18、22、23日・山梨)に出場。浦和学院は16日の2回戦から登場して、栃木2位と対戦し、花咲徳栄は15日の1回戦で山梨3位の東海大甲府と顔を合わせる。

 ▽決勝
花咲徳栄
  000002010|3
  01020100×|4
浦和学院

6回2失点の好投で、チームを3年ぶりの頂点に導いた浦和学院の宮城

 

疫禍乗り越え成長

 埼玉高校野球界を代表するライバル同士の決勝は、気迫と意地で上回った浦和学院に軍配。森監督は「今の時点で精いっぱいの戦い。準決勝で9失点した投手陣が気持ちを切り替えて投げてくれた」と奮闘をたたえた。

 今大会4試合で54得点と破壊力を誇る花咲徳栄打線に対し、投手陣が奮起した。まずは、先発のエース左腕宮城。「昨日(準決勝)は野手に助けてもらったから、恩返しがしたかった」と3回3失点だった悔しさをぶつけた。

 持ち味の制球力で凡打の山を築き、守りからリズムをつくると二回に1点、四回に2点と打線が援護した。背番号1が6イニングを2失点でしのぐと七回から3年生の三奈木が登板。140㌔前半の直球で攻める右腕に、「一球一球に気持ちがこもっていた」と捕手の吉田瑞。三奈木は3イニングを1失点に抑え、勝利を手繰り寄せた。

 16度目の春王者への道は、険しいものだった。2月3日、部内で新型コロナウイルスの集団感染が判明し、3月下旬まで全体練習ができなかった。練習を再開した時、鍛え上げてきた体力は落ちてしまっていた。それでも勝利への執念を失わず、ナインは大会に向けて地道に努力。指揮官は「チームづくりが遅れた中で試合を通じて一つ一つ選手たちが成長してくれた」と目を細める。

 次の舞台は、埼玉の王者として臨む関東大会。主将の吉田瑞は「チャンスをもらったからには、多くの収穫を得て夏に生かしたい」と意気込む。試練を乗り越え、たくましくなった「ウラガク」の挑戦はまだまだ続く。

 

=埼玉新聞 2021年5月5日付け 7面掲載=

カテゴリー

よく読まれている記事

最新の記事

TOP