埼玉新聞社 高校受験ナビ

関東高校大会 相撲 少林寺拳法 空手 結果

相撲(第1日、12日・県武道館)

重量級 田崎(埼玉栄)初優勝 軽重量級 斎藤(埼玉栄)初の頂点

 個人6階級が行われ、埼玉栄勢同士の決勝となった重量級は1年生の田崎正美が、2年生の岡野颯良を寄り切りで下して初優勝。同じく埼玉栄勢による2年生対決となった軽重量級決勝は、斎藤成剛が三浦光太郎を寄り切りで破り初の頂点に立った。
 無差別級は、埼玉栄の竹田章一郎が決勝で花房海(茨城・東洋大牛久)に敗れ準優勝だった。

 

重量級決勝 埼玉栄・田崎正美(左)が埼玉栄・岡野颯良を寄り切りで破る

 

少林寺拳法(第1日、12日・栃木県北体育館)

男子は松本(川越東)制す

 男女の単独演武を行い、男子は松本大智(川越東)が263点で頂点に立った。

 

空手(第1日、12日・千葉県成田市中台運動公園体育館)

女子団体形は埼玉栄に栄冠

 男女の個人と団体を行い、女子団体形で埼玉栄が優勝。同個人形は北口歌桜、男子個人形は秋吉優斗(以上埼玉栄)がそれぞれタイトルを獲得した。

 

=埼玉新聞2021年6月13日9面掲載=

 

サイト内の

埼玉栄高校の基本情報は→こちら

川越東高校の基本情報は→こちら

カテゴリー

よく読まれている記事

最新の記事

TOP